インプラントを失敗しない為の歯科選び|情報を集めることが大事

白い歯

3つの治療方法

インプラント

神奈川で行われている歯周病治療では、プラークの除去や、口内環境を整える歯周基本治療と、自分では取り除けないプラークを外科手術によって取り除く歯周外科があります。また、治療で改善した状態を保つためのメンテナンスを行います。

詳細を読む

矯正の種類

歯科

銀座の矯正歯科では、歯の外側にワイヤーを取り付けるブラケット矯正や、内側に取り付ける舌側ブラケット矯正というものがあります。ワイヤーで矯正する他にも、小さな矯正ではマウスピース矯正が効果的です。

詳細を読む

自分の歯のように過ごす

歯医者

インプラントを構成する部品は、骨に穴を開けて埋めこむ人口の歯の根と、その上に乗せる人口の歯、それを繋ぐ部品の3つです。それをどうやって入れるのかで、大分の歯医者で行われる治療は、期間や費用に違いが出ます。

詳細を読む

治療での失敗を防ぐ

歯型

歯を失った場合の治療方法は、以前は入れ歯やブリッジといったものが一般的でしたが、最近ではインプラントもよく知られるようになりました。しかし、まだあまり馴染みのないもので、失敗したという声もちらほら聞きます。患者側が聞き馴染みのないように、歯医者側も全ての歯医者がインプラントに慣れているわけではありません。インプラントは、どの患者にも同じように治療を施せばいいわけではなく、その患者の骨の状態に応じて治療をする必要があります。知識や経験が浅い場合に診断を誤ってしまうと、インプラント治療は失敗してしまうことがあります。その患者の骨が細く弱っている場合は、インプラントを埋め込む前に歯の補強治療を行うことが必要です。その技術がしっかりしていないと埋め込んだ後に骨が支えられずに、長期間もたないこともあります。歯医者選びに失敗しないためには、その歯医者が正しい知識を持っているか、経験は豊富なのかを判断する必要があります。治療を行うには歯科医師の免許があれば誰でも可能なので、インプラントを専門的に行っている病院以外でもプランを用意していることもあります。入れ歯の治療で失敗した場合は、入れ歯を作り直して調整ができます。しかし、インプラントは骨に穴をあけて行う治療のため、失敗したからといって気軽にやり直すことはできません。歯医者選びは慎重に行いましょう。その病院で専門的に行われているのか、治療の実績は豊富なのか、腕の良い医師がいるのか確認が必要です。